MENU

    競馬の神様・藤森神社で神頼みをして1万円馬券勝負した結果!

    〇〇運アップ!…といったご利益のあるスポットはたくさん存在しますが、じつのところ効果はあるのか?

    今回はそんな疑問を解消するため、競馬の神様に祈って馬券は当たるのか?を実践していこうと思います!

    (ガバガバ検証ですが生暖かい目でみていってください…)

    目次

    京都伏見にある競馬の神様・藤森神社で必勝祈願!

    競馬にご利益のある神様…

    って、そんな都合よくピンポイントで存在するのか?

    そうお思いの方もいると思いますが・・・ちゃんと存在します。

    それが京都市伏見区は藤森にあります藤森神社(ふじのもりじんじゃ)です。

    競馬の神様・藤森神社

    藤森神社は馬の神様であり勝負の神様、つまり競馬には最強のパワースポットというわけ!

    実際、馬主さんやジョッキーなどなど、あらゆる競馬関係者が全国から訪れる神社となっております。

    まずはお参りして馬券ゲットを祈願!

    とにかく祈ります。

    ひたすらに祈ります。

    鈴をガラガラ、手はスリスリ。

    祈りが届いたと感じたら、深々と頭を下げて立ち去ります。

    所要時間は平均3分くらいでしょうか。

    もし、これだけで馬券がバシバシ当たるなら最高ですね。

    競馬運アップ間違いなしのお守りを入手!

    お参りしたけど、もっともーっとご利益がほしい貪欲な方はお守りもどうぞ。

    藤森神社には競馬運アップのお守りや絵馬がたくさんある

    競馬の神様だけあって、競馬にご利益のあるお守りだけでも何種類もあります!

    ちなみに数あるお守りの中でも一番ご利益がありそうなのを購入しました。

    それが金ピカの“勝馬純金守”です。

    藤森神社でも競馬運アップ最強の勝馬純金守

    お値段2000円。ちとお高く感じますが、これで競馬運アゲアゲになるなら安いもんです!

    お守りを買う場合、お参りの前に買っておくほうがご利益はアップするそうです。※ちなみに正確にはお守りは「買う」とはいわず「授かる」といいます。

    藤森神社までの行き方・アクセス[駐車場あり]

    まず、電車で行くなら2パターン。

    • 京阪電車「墨染駅」から徒歩7分
    • JR奈良線「JR藤森駅」から徒歩5分

    京阪で行く場合、藤森駅という駅があるので注意してください。

    京阪の藤森駅からなら結構歩く必要があるので!

    車で行く場合は、隣接した駐車場があるのでナビやグーグルマップで調べて向かえばOK。

    年始やお祭り(GW)以外では車が停められない…ってこともほぼないです。

    ちなみに自転車やバイクを停める駐輪場はないんですけど、境内にある公園の脇(神社の敷地内)にざっくり停めちゃうのが当たり前になっています。

    お祭りのときの神事では馬を走らせたりするので、境内にはわりと空き地のようなスペースがあって駐輪については結構ゆるい感じですね。

    京都競馬場で藤森神社のご利益を確かめる馬券勝負!

    京都競馬場の入り口

    いざ、馬券勝負!

    ちょうどクラシックの最終レース「菊花賞」が開催される時期だったので、そこで勝負することにしました!

    せっかく神頼みをしたのだから、競馬新聞・ネットでの予想は遮断。

    完全なるインスピレーションのみで逝きます!!!

    レーシングプログラムで競馬予想

    競馬場で配られているレーシングプログラムなら印などはついていないので、基礎情報はこちらでチェック。

    あとはパドックをみて直感で決めます。

    菊花賞のパドックを見ながら直感で競馬予想

    で、購入した馬券がこちら!

    藤森神社で得た競馬運のみで馬券勝負

    購入した馬券はしっかり“勝馬純金守”にセット。

    これでご利益はマックスになったことでしょう。ふっふっふ。

    それでは勝負のレース!!!

    はい、クラシックの締めくくりにふさわしい最高のレースでしたね。

    正確な結果がこちら。

    菊花賞のレース結果

    購入馬番が4。勝馬が12。

    ・・・大ハズレですね。

    結果、今回のチャレンジは失敗となりました。

    結論:神頼みもいいけど競馬は予想して買うことにする!

    今回の神頼み作戦は失敗に終わりましたが。やはりカンに頼っただけでは予想を当てることはむずかしかったですね。

    なんでもそうですが自分でコツコツ調べたり努力をして。さいごのさいごに神頼み。

    そういう心持ちが正しいカタチだと再認識しました。

    とはいえ、藤森神社も京都競馬場もいいところなので、ぜひとも訪れてみてくださいね。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!

    感想や質問、お気軽にどうぞ!

    コメントする

    目次
    閉じる